人と永遠のお別れをすることは本当に悲しいことです。
なかでも家族や両親とのお別れは、奈落の底に突き落とされるほどの深い悲しみで心が張り裂けそうになります。
しかし悲しみばかりに暮れていることはできません。
身内の死に際しては葬儀のプランをしなければいけないのです。
当サイトでは初めての葬式でどのように準備すべきかをご紹介いたします。
少しでも心を落ち着かせ、冷静に葬式のプランをくむことができ、後悔の無い葬式になることを願っています。

葬儀を初めて行う際に知っておきたい基礎知識と準備についてのポイント

葬儀を初めて行う際に知っておきたい基礎知識と準備についてのポイント 家族が亡くなった場合は、喪主が率先して葬式のプランをくまなければいけません。
それにはまず葬儀会社を選択する必要があります。
一般葬にするのか、家族葬にするのか、故人の希望はどんな葬式だったのか情報を収集し、形式を選択します。
そしてそれに特化した葬儀会社を選択していきます。
業者の選定にはネット検索が一番便利です。
一般曹に特化したり、家族葬を主に執り行う業者などを選択し、数社に見積依頼をします。
さらに相見積もりをし、営業マンが丁寧であったり、見積もりの内容が丁寧で金額もクリアである業者を選択するとよいでしょう。
訃報を必要な人に伝え、香典返しや食事のオーダーをします。
家族葬であれば参列をお断りする様、関係各社に伝達しなければなりません。
葬儀の基礎知識として服装や身なりに注意が必要です。
喪服や黒紋付で、数珠とハンカチを忘れないようにしましょう。

葬儀を執り行う流れや注意するべき点について

葬儀を執り行う流れや注意するべき点について 喪主となり葬儀を執り行うことは、長い人生の中でも滅多にあることではなく一度あるかないかという人も多いのではないでしょうか。
そうなれば流れがわからず、何から手をつけたら良いかで悩んでしまうのは当然のことと言えます。
ある程度流れを把握しておくことにより、慣れない喪主という立場になった時に少しでもスムーズに執り行えるようになることは間違いありません。
通夜の日程は基本的には葬儀の前日となっていますが、亡くなった当日に行う仮通夜や翌日に行う本通夜など種類があります。
地域によっては、亡くなった時間が早ければ逝去した当日に通夜を行うケースもあるので事前に確認しておきましょう。
葬儀の日程は喪主や遺族の都合や菩提寺や火葬場、葬儀式場の空き状況により決めることになるので、亡くなってから数日経過しなければ執り行えない場合も珍しくありません。
など、スケジュールを調整して決定します。
そうなると通夜の日程も亡くなった日から数日過ぎてから行うこともあるので、気を付けましょう。
遺体の安置に関して無料と言う葬儀社もあれば、遺体安置が有料という場合もあります。
有料となれば葬式が先になる程、金銭面の負担も当然大きくなる事は頭に置いておくべきです。

地域によって葬儀の仕方が異なるので注意が必要

葬儀は一般的に通夜や告別式、火葬など一連の儀式を指すことが多いです。多くの場合通夜を行ってから告別式を行い、火葬をしてから僧侶を招いてお斎となるのですが、地域によっては順番が異なっています。
関東ではこのような流れになっていますが、中部地方では通夜を行い先に火葬をしてから葬儀という順番です。火葬は親しい人と親族のみで行っており、お骨となって告別式を迎えます。さらに都会と地方、宗派によっても異なっており、地方ではその地縁性独特のしきたりに沿っています。年長者や近隣のまとめ役の人が存在しており、葬儀委員長となって取り仕切ることも多く、地域の一つの行事として扱っていることもあります。また都市部では告別式だけでなく通夜も葬祭会社に任せることが多いのですが、地方では近所の人が集まり手伝いをするのが一般的です。このようなことが起こるのは助け合いの精神が関係しています。都市部に住んでいる場合、方法に戸惑うことがあるため、年長者や近所の人に助言をもらいながら葬儀を進めていくことが大切になります。

葬儀や告別式における、献花の手順とマナー

献花はキリスト教式の葬儀で行われる儀式で、神式でいうところの玉串奉奠と似た意味を持ちます。しかし近年では無宗教の葬儀や、ホテルなど焼香による火災を防ぎたい場所での告別式で行われるようになりました。
使われる花はカーネーションやユリ、菊のように茎が長くて白い花が多く使われますが、故人が生前好きだった花なら白色の花でなくてもかまいません。手順はまず葬儀場のスタッフから花を受け取り右手は花の下、左手は茎の根元に添え花を胸の高さに合わせて持ちます。この時に右手のひらが天井、左手のひらが床向きになるように持つのがマナーです。自分の順番が来たら遺族に一礼してから祭壇に進み、祭壇の前でもう一度一礼します。花を時計回りに回して根元が祭壇の方に向くように持ち替え、花に左手を下から添えて献花台の上に置き黙祷しますが、クリスチャンの場合はここで十字を切ります。黙祷が終わったら深く一礼をし、2歩3歩下がって遺族に一礼をしてから自分の席に戻ります。

葬儀の日程は火葬場の予約の空き具合にもよります

葬儀は故人が亡くなった翌日に通夜、更にその翌日に告別式という日程が一般的です。しかし友引を告別式になることを忌み嫌う習慣もあり、必ずしもこの通りではありません。
火葬場の予約が取れないなどの理由で告別式が前後することもあり、火葬の日が告別式でその前夜がお通夜というスケジュールになることもあります。火葬は故人が死んでからいつまでに行わなければならないという決まりはありませんが、死後24時間以降という決まりがあり、これは仮死状態で死亡と判断された人を間違って火葬しないためです。通夜については朝方亡くなった場合はその日の夜が通夜かと思いがちですが、日の出頃に他界したとしても通夜はその翌日の夜になります。事故や事件に巻き込まれて急死した場合は検死が行われることもあり、検死が済まなければ遺体を引き取ることができないため葬儀の日程が立てられません。また年末年始に死亡した場合も火葬場が稼働してないことがあり、様々な理由で葬儀のスケジュールは前後しやすいと言えます。

葬儀では喪主の役割を知っておくと役に立ちます

生前仲良くしていた方が、故人になると悲しむ方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?お通夜や告別式、火葬、法要など複数の行事を行います。喪主が中心となり、すへてを仕切ることになるのです。
故人のご遺体を病院から自宅に搬送します。葬儀社を手配しますが、決まっている所があればそこに手配をするのです。すぐに喪主が葬儀社との契約をするようになります。どんな葬儀を行いたいのか要望と予算を伝えるのです。お悔やみを親戚や知り会いいに伝えたり、参列者に対しての挨拶や香典返し、お清め料理の手配などあります。他にも役所に行って死亡届けを出すと火葬許可書をもらえます。火葬をする時には、許可書がないと火葬することができないので、注意が必要となるのです。お坊さんの手配、お布施の準備などあります。はじめての方も沢山いますが、葬儀社はお通夜や告別式に関して知ってますので、恥ずかしいと思わずに聞いてみるといいてす。一般的なことについて書きましたが、地方ではまた違った方法で儀式を行う所もございます。

葬儀を小規模に行う場合に選ばれるプランの種類

日本では仏式タイプの一般葬が多く選ばれており、故人との最後のお別れを多くの人が行う事が可能です。ただし現代では様々な葬式プランがあり、葬儀自体の規模も大規模ではなく小規模に抑えた式を希望する遺族も増えてきています。
実際に葬儀を小規模にしたい場合は、プラン内容を把握して選ぶ事が重要です。一般葬の場合は参列者自体に制限がないので、故人との交友関係によっては大規模になる式プランの1つです。参列者を遺族側が制限したい場合であれば、家族葬を選ぶのがポイントとなります。その他に参列者を友人だけと制限することで規模をぐっと抑える事が可能です。また通夜と告別式を2日に分けて行う式ではなく、通夜は行わず告別式と火葬を1日で行う1日葬などもあります。1日葬であれば参列できる人も制限する事ができるので、通常の葬式プランに比べると規模を小さく抑える事が可能です。一部の遺族のみが立ち会う事ができる直葬などもあり、プランによって規模を決める事ができます。

平均年収より低い場合でも葬儀をすることはできる

平均年収より低い場合は葬儀ができないのではないのかと、不安になってしまうこともあるはずです。誰でも悩みを抱えていることではあると考えられますが、一般葬以外にも家族葬などの小規模な葬儀もあるので過度に不安を抱えてしまう必要はありません。
家族葬であれば数十万円程度の費用で葬儀をすることができますから、平均年収よりも低い場合でも故人を供養することができると考えられます。
また家族葬でも厳しい場合は、直葬を選ぶことで数万円程度のコストで供養することも可能です。しかし直葬の場合は本当にシンプルに火葬をするだけのスタイルになりますから、時間をかけて供養をしたいと考えているのであれば、家族葬などを選ぶのが大切になります。
亡くなってから考えても少し遅いので、生きている段階から真剣に考えておくのが重要なことになるはずです。時間をかけて貯金をすることでお墓や葬儀などのお金も用意することができますから、計画的にやっていくことが大切になります。

葬儀の準備も含めた終活とお墓のデザイン設計

終活で自分の葬儀を考えていく際に、一つ一つこだわって決めていくことができます。お墓の土地やお墓のデザイン設計など、一から準備をする場合、専門業者に相談をしながら準備をしっかりと行えます。
家族と離れて住むケースもあり、定期的に連絡を取りながら、高齢者の方も健康に生活で来ていることを伝えることも大切です。
葬儀に関することも使うもの一つ一つにこだわり、棺などデザイン設計にもこだわることは可能です。大切に家族の暮らしのことを考えた備えを行っていけるようにする事は重要であり、万が一の時に家族が困らないように伝える準備をおすすめします。
見守りサービスを利用するなど、万が一の時にもすぐに対応できるように見守ってくれるサービスをチェックすることも必要になります。
お葬式を行うだけではなく、生活する賃貸住宅の場合、その住まいで起こるトラブルを避けるためにできる準備を考えていくことも求められます。
お墓のデザインに加えて、新しい技術を取り入れてスマートフォンを使ってお墓でメッセージを伝えられるなど、新しいお墓の形もあります。

家族向け葬儀場を新たに建設する際の立地条件で良いところ

日本は冠婚葬祭を重んじる国柄です。葬儀に関しては、以前は近所・親戚などが多数参列をするスタイルが基本でしたが、昨今では近親者のみでしめやかに執り行う個別式が主流となりつつあります。
これに伴って、メモリアル会社でも家族向け葬儀場を新たに設けるようになりました。そこでここでは、これから新施設を建設するにあたって、立地条件が良いところをご紹介します。
まず、前述をしたように家族のみという小規模なものとなるので、新興住宅地に近い場所が最適です。以前からある宅地だと、二世帯以上で暮らされてるケースが多く旧式の葬儀を実施する確率が高いわけです。
マンションなどの核家族が多く暮らしている地域が理想的になります。そして宅地から半径1キロメートルは離れた場所で、幹線道路沿いが望ましいです。
自動車で訪れる方を考慮した立地条件で、車の出入りがしやすい大型駐車場を完備できる土地を確保して、建物を建造するのが理想的です。

葬儀のトレンドの流れ、家族葬が増えている

誰もが訪れる死は避けられません。亡くなってから慌てて葬儀を行いますが、悲しみと現実の費用で複雑な気分になることはないでしょうか。実はトレンドがあります。
葬儀には一般葬と家族葬、直葬の三つがおおまかにあげられます。一般葬は親族以外にも故人の友人や近所の知り合いから勤務先の上司や同僚が参加しますが、家族葬は親族がメインで、通夜と告別式を行います。
家族葬は名前に家族が含まれていますが、親族以外にも故人と親しくしていた友人も参加することができます。 中には健康面や費用面で一日葬を行うこともあります。
家族葬は限られた人数で、故人との時間を過ごすことができます。費用が安くなり、人数が少なくなります。費用には会場費、バス代、通夜や告別式の食事、香典返しがあります。人数が少なくなると規模が小さくなるため費用が抑えられる仕組みです。
限られた時間と人数で行う家族葬は喪主の意見が反映されやすく、厳しいマナーの必要がありません。

葬儀で使用される霊柩車にはどのような種類があるのか

葬儀で亡くなった人の遺体が入った棺を運ぶ霊柩車は、「宮型」と「洋型」の2種類が代表的です。宮型は黒い車体の後部に仏教や神道などの宗教的な装飾が施されたもので、洋型は宗教的装飾が無い黒の車体です。
かつては宮型が定番でしたが、街中でも目を引きやすいことや装飾を製作することができる職人が減ったこと、法改正の影響で車検を通すのが難しくなりつつあることなど複数の理由により宮型が選ばれるケースが減り、今日では宗派に関係なく使用することができる洋型が圧倒的に主流になっています。
一方で、地域や遺族の事情によっては葬儀で他のタイプの霊柩車が用いられる場合があります。例えば、北海道や東北などの冬にたくさんの雪が降り積もる事が多い地域では、バスの後部を棺を入れられるように改造し、葬儀の参列者と棺の両方を運べるようにした「バス型」がしばしば使用されます。
また、葬儀単価の下落が続いている近年では、コストを抑える目的としてミニバンを改造した車両が導入されるケースが増加しています。

葬儀に参列する際はブラックフォーマルという喪服を着用するのがマナー

葬儀に参列する場合は、ブラックフォーマルと言われる喪服を着用するのがマナーとなっています。ご遺族の場合は正喪服と言われる格式の高い正装をするのが以前はマナーと言われていました。
男性の場合は洋装であればモーニングコート、和装であれば紋付羽織袴です。女性の場合は洋装であれば黒のワンピースなど、和服は黒紋付の着物となります。
ただ、今ではモーニングや和服を持っていないという方が多いので、ご遺族の方でも葬儀に参列する際は準喪服でも良いとされています。
準喪服は男性であれば、ブラックスーツが定番です。生地は光沢感のない黒の無地を選びます。ワイシャツは白を選びましょう。ボタンダウンのシャツはたとえ白であっても、カジュアルすぎるので避けることをおすすめします。
女性はワンピースやアンサンブルが一般的です。男性と同じく光沢感のない黒の無地のワンピースや、アンサンブルが基本です。スカート丈はひざが隠れる長さのものがマナーとなっています。

時代や世相に合わせて変化していく葬儀の形式

亡くなった家族を弔い、大切な人に想いを馳せる気持ちはいつの時代も変わりません。しかし時代が移り行く中で、葬儀の形式自体は世相により変化し続けています。
かつては大勢の親族に集まってもらい地域全体で行っていた葬儀も、昨今では親しい親族や友人のみに声をかける形式に変わっています。
親戚全員が集まるような葬儀は故人を大きく見送ることができる一方で、準備を行う喪主や遺族に負担がかかります。
ただでさえ悲しい家族との別れを、準備によって忙殺されたことがある人もいるのではないでしょうか。家族葬をはじめとした小規模の葬儀は、ごく数人のみで行われることもあります。
残された遺族にとっては準備や打ち合わせ穴どの負担を最小限に抑えられる他、予算を軽減できるのも嬉しいポイントです。
お別れへの気持ちは法要の大小で変わるものではなく、小規模な法要だからこそ周囲に遠慮をすることなく別れの時間を過ごすことができるようになっています。

団塊世代の後期高齢者の葬儀と火葬場不足の課題

2025年には団塊の世代が後期高齢者となるため、高齢者の健康をテーマに医療を考える必要がありますし、葬儀会社も増えています。
火葬場が不足することも考えられるため、困った時に葬儀会社に相談すれば良いわけではなく、早めの行動が必要になります。
何週間も待たされることのないように、事前に必要な準備を行っていることがスムーズに火葬が進み、安心に繋がります。
一般的に火葬炉1基あたり1日2人から3人の火葬を行うことが可能ですが、定期的なメンテナンスをするなど、毎日稼働できるわけではありません。葬送スケジュールは同じような内容で進められるため、お昼以降を希望する方も多く、時間帯によっては混雑します。
友引を避ける傾向もあったりと、稼働時間は限られてくるため、柔軟な対応が求められます。冷蔵設備を備えた霊安室を持つ企業は限られるため、夏場の遺体の保存の課題があります。
特に人口が集中する都会で火葬場が不足することが予想されるため、地方の空きがある場所を探すことも大切です。

初七日は葬儀の当日に当日に繰り上げることもできる

故人が亡くなってから7日目に行う法要は初七日と呼ばれます。極楽浄土にたどり着くまで葬儀後も7日ごとに法要が行われますが、初七日については現代では繰り上げ法要などで負担を減らす方式が定着しています。
従来通りに故人のために法要ができれば最良ではあるものの、葬儀や手続きなどで負担のかかる遺族にとっては難しいのが現実でしょう。
葬儀に参列してくれた親戚や友人なども、再び参加できるとは限りません。繰り上げや繰り込みで葬儀当日に行う場合には、火葬後に行う場合と火葬前に行う場合で分かれます。
いずれの方法であっても当日中に済ませることができるため、喪主や遺族の負担を大幅に減らせるなどの利点があります。
当日中に行う方式については地域によっても異なるため、地元の事情を考慮しながら選択することをお勧めします。
別日に行う場合は、自宅や寺院に僧侶を招くことになるでしょう。時間は1時間程度が基本ですが、会食の手配などが必要です。

葬儀の後の霊園選びはポイントの絞り込みが重要

葬儀を終えた後の遺族にとって大きな問題にあるのが、霊園やお墓選びです。代々受け継いでいるお墓がある場合にはそのまま納骨することができますが、そうでない場合には新たに購入することになります。
霊園は宗派を問わずに利用することができる場所で、自治体や民間企業などが運営を行っています。
一方でいわゆるお墓は寺院が運営を行なっており、宗教や宗派も限られています。寺院にお墓を作る場合は、檀家になって葬儀も依頼することになるでしょう。どちらを選択するかは家族の考え方や故人の意向によって異なります。
残された遺族が通いやすいことや予算内で収まることなど、条件を絞り込んでの決定が必要です。昨今では特定の宗教を持たず、しきたりなどを気にしない人も増えています。
若い世代では自分が眠る場所を自由に選ぶ人も多く、樹木葬なども利用されています。希望する形式を選択できるかどうかも、場所を選ぶ際の重要なポイントになるでしょう。

葬儀に参列したら必ず記帳することになる芳名帳

葬儀は故人を偲び最後の別れを告げる場であり参列者が遺族に対して哀悼の意を表明する重要な機会です。
そんな中で芳名帳は葬儀において不可欠なものとされているため記帳することはマナーとして大切な行為となります。
この帳面には故人との関係や連絡先と共に住所や氏名が記され一連の葬儀プロセスにおける重要な役割を果たします。
記帳は葬儀に参列する際には必ず行うものであり正しい形式で行うことが求められます。
それは故人に対する最後の敬意の表し方とも言えるからです。
では具体的に芳名帳の記帳マナーにはどのようなものがあるのでしょうか。
まずは筆記具を持参しすぐに記帳できるようにしておくこと、清潔な状態で記帳するため汚れ物に触れたり汗をかいたりした手で書かないことが大事です。
次に青や黒のペンで氏名住所を明確に記し敬称で故人の名称を記すことがマナーとされています。
もし葬儀への参列が困難な場合は遺族に連絡を取り芳名帳への記帳を代行してもらうことも一つの方法です。
なお記帳が終わった後は静かに礼をして帳面を閉じ遺族への慰問を済ませましょう。
心を込めた記帳は葬儀において遺された人々への思いやりを伝える大切な手段です。

葬儀における丁寧な物言いと心遣いのポイントを紹介するお役立ち情報

葬儀は人生の重要なイベントの一つであり、故人を偲ぶ大切な場です。
そのためには、参列者一人ひとりの言葉や行動がとても重要になります。
特に葬儀では、丁寧な物言いと心遣いが求められますが、普段触れる機会が少ないため戸惑う方も少なくないでしょう。
まず基本となるのは、遺族へのお悔やみの言葉をどう表現するかです。
言葉一つ取っても、そのニュアンスは様々です。
決まり文句として使われることの多い「お悔やみ申し上げます」や「心よりご冥福をお祈りします」といったフレーズは、相手に敬意を示しつつも、そっと哀悼の意を表します。
また、葬儀の場では、故人への感謝の言葉を述べることも大切です。
たとえば、「〇〇さんの優しい言葉がいつも心に響いています」といった具体的なエピソードを交えることで、故人との思い出を大切にした表現ができます。
葬儀に参列する際は、服装や所作にまで配慮が必要です。
黒い服装を整え、静かに行動することが基本ですが、その中でも小さな振る舞いひとつに心配りを見せることが、故人への最後の敬意となります。
このように、葬儀に臨む際の物言いと心遣いには、多くのポイントが存在します。
実生活で直接学ぶ機会はなかなかありませんが、ここで紹介したポイントを心がけることで、故人への敬意を表し、遺族の心に寄り添うことができるでしょう。
葬儀を迎える際には、これらのポイントを参考にしていただければと思います。

個人で行う葬儀の準備と進め方についての実用的ガイド

最近では個人で葬儀を行う方も増えており、自ら準備や進め方を学ぶ必要性が高まっています。
大切な人の最期を、故人らしい形で送り出すためには、具体的な葬儀の手続きや流れについて知っておくことが大切です。
まずは葬儀社を選ぶことから始めます。
複数の葬儀社から見積もりを取り、内容と予算を比較検討しましょう。
次に、故人が生前望んでいた葬儀の形式や規模を考え、必要な手配を行います。
自宅での家族葬や直葬のようにシンプルな形も増えているので、故人の意志に沿った選択が求められます。
さらには、弔問に訪れる方への案内や返礼品の準備も忘れてはなりません。
また、法要や法事の準備そして後の事務手続きも必要になってきますので、事前にリストアップしておくと安心です。
このように個人でも適切な葬儀を行うための知識と準備があれば、故人の意向を尊重し、遺された家族が心穏やかに最期のお別れをすることができます。

所属先の選び方が成功を左右する葬儀の流れと心得に関するお役立ち情報

人生にはさまざまな節目があり、その一つが葬儀です。
葬儀は故人を送り出す大切な儀式であり、所属先や地域の伝統に合わせた形で執り行われます。
準備は想像以上に緻密であり、どのように進めるかが成功を左右する事柄の一つとなります。
まずは葬儀社の選定についてですが、故人が生前に属していたコミュニティや宗教団体の慣習に準ずることが大切です。
また、地域ごとの文化や慣習に精通し、故人および遺族の要望を丁寧に聞き入れてくれる葬儀社を選ぶことが重要です。
その際には、事前に複数の葬儀社に問い合わせをし、相見積もりを取ることで金額的な検討も可能になります。
葬儀の流れは、一般的には遺体の安置から始まり、通夜、葬儀・告別式、火葬、初七日と続きます。
これらの儀式はそれぞれ特有の意味を持ち、来賓への対応や進行にも気を配る必要があります。
特に重要なのは故人と遺族の心情に寄り添った行動を取ることであり、この点がスムーズな儀式を実現するカギとなります。
心得としては、故人との別れを尊重し、遺族や参列者が心静かに故人を偲べる時間を作ることが不可欠です。
故人に対する最後の尊敬と感謝を表現する場としての葬儀は、その準備と進行において多くの配慮が求められる事柄ですが、適切な所属先の選択により、故人にふさわしい葬儀とすることが可能です。

夫婦が共に知るべき葬儀の知識と心得についてのお役立ち情報

人生には様々な節目があり、夫婦にとって葬儀は避けて通れない大切な儀式の一つです。
儀式としての重みに相応しい準備と知識が必要とされるため、夫婦であらかじめ葬儀についての理解を深めお互いの意向を確認しておくことは大切です。
近年では個性を反映させた葬儀も多く、故人の生前の趣味や家族の思い出を形にするケースが見受けられます。
しかし、そういった葬儀を実現するには事前に多くの選択肢を理解し、具体的なプランニングが求められます。
また費用面でも様々なオプションがありますので、夫婦で予算についてもしっかりと話し合う必要があります。
葬儀に関する情報は書籍やインターネット、専門の相談員などから得られますので、積極的に情報を収集しましょう。
さらには、葬儀の経験談を聞くことで実際の流れや注意点についても学べるチャンスとなります。
葬儀は故人を偲びながら、遺族が新たな一歩を踏み出すための大切な場でもあります。
夫婦がそれぞれの意思を尊重しながら、共にこれからの儀式を考えることは、絆を深める良い機会であると言えます。

おすすめの葬儀情報サイト

千葉市 葬儀

新着情報

◎2024/7/10

情報を更新しました。
>葬儀に参列したら必ず記帳することになる芳名帳
>葬儀における丁寧な物言いと心遣いのポイントを紹介するお役立ち情報
>個人で行う葬儀の準備と進め方についての実用的ガイド
>所属先の選び方が成功を左右する葬儀の流れと心得に関するお役立ち情報
>夫婦が共に知るべき葬儀の知識と心得についてのお役立ち情報

◎2023/9/7

情報を更新しました。
>葬儀に参列する際はブラックフォーマルという喪服を着用するのがマナー
>時代や世相に合わせて変化していく葬儀の形式
>団塊世代の後期高齢者の葬儀と火葬場不足の課題
>初七日は葬儀の当日に当日に繰り上げることもできる
>葬儀の後の霊園選びはポイントの絞り込みが重要

◎2022/11/2

情報を更新しました。
>平均年収より低い場合でも葬儀をすることはできる
>葬儀の準備も含めた終活とお墓のデザイン設計
>家族向け葬儀場を新たに建設する際の立地条件で良いところ
>葬儀のトレンドの流れ、家族葬が増えている
>葬儀で使用される霊柩車にはどのような種類があるのか

◎2021/12/25

情報を追加しました。


>地域によって葬儀の仕方が異なるので注意が必要
>葬儀や告別式における、献花の手順とマナー
>葬儀の日程は火葬場の予約の空き具合にもよります
>葬儀では喪主の役割を知っておくと役に立ちます
>葬儀を小規模に行う場合に選ばれるプランの種類

◎2021/9/29

葬儀と法要は全く別のもの
の情報を更新しました。

◎2021/7/29

葬儀に必要な費用
の情報を更新しました。

◎2021/7/15

サイト公開しました